出演料の値下がり

一般収入と変わらない

今の時代は世界的にも経済的に伸び悩んでいる状態でどうしても不景気は続いてしまうものです。そうなってくると不景気知らずのアダルト業界にも直撃しております。

アダルト業界時代は需要は変わらずあると思います。それこそネットで気軽に今の方が見れているのですからさらに需要は伸びているのは間違いないと言えるでしょうが、実際に出演している女性の収入はかなり減っているとみていいでしょう。なぜなら不景気で風俗に行く男性もかなり減ってきていますしインターネットが充実しているんどえあれば別にそこで済ませてしまえばいいだけの話ではないでしょうか?

そうなってきた場合は風俗関係で働いている人も稼げなくてAVに進出する以外はありませんよね。そして今は一般女性もちょっとしたお小遣い稼ぎで出演しようとしてくるわけです。

つまり人がアダルト業界に殺到しているというわけです。そうなれば一本あたりの出演料の単価がどんどん値下げしているのも仕方がないのかもしれません。

不景気になればアダルト業界で稼ごうと似た考えてもっている人はたくさんいるので当然価格は下がっているわけで初めは高額な出演料だったものがどんどん減ってきて年収ベースで言ったらサラリーマンとそこまで変わらない、むしろ減っているという人もいるぐらいです。

メディア露出すればするほど価値は下がってきます。ましてや今は多くの人が出演しているので男性というのは特に新しい女性に目移りするように出来ていますのでよっぽど演技力に優れていたり固定のファンがつかないと難しいのです。

今のトップ女優も常に危機感を持って撮影に臨んでいますし激しい撮影をしていますから長期的に物事を考えていくことも大切だと思ってください。AV女優の年収は決して高いものではないということを理解しましょう。